東京都練馬区の訪問看護ステーション
ブログ

災害時の研修

練馬区保健所主催の災害時の研修を受けてきました。災害と言っても範囲が広いのですが、今回は電源を必要とする人工呼吸器にまつわる話が中心でした。やはりいかにして電源を確保するか、その手段方法や実際に発電機の紹介や実演が行われました。

写真は卓上コンロのガスボンベで動かすことのできる発電機

備えあれば憂いなしですが、実際に災害が起きた時に向けて練馬区も様々な取り組みを行っていますが、どうもタテに伸ばしている感がありヨコの繋がりを模索しないとうまくまわらないきがします・・・ 永沼 武

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGETOP