東京都練馬区の訪問看護ステーション
ブログ

姿勢についての研修

先日研修センターにて姿勢についての研修に参加してきました

姿勢が悪くなるとどんなことが起きるのか?

姿勢が悪くなると、呼吸状態の変化により交感神経が優位に働き普通の車いす→ティルトリクライニング→ベッド→ベッド上で拘縮寝たきりと悪循環となり作られた障害状態となってしまう。

どうしてその姿勢がいいのか、悪いのか根拠をもって説明ができないと他の人に納得してもらうことは難しい。

今の私にとってとてもためになる研修でした。

一人一人全てが違うため既製品での対応は難しく、そのひとのニュートラル座位を作っていけるようにがんばります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGETOP